文書電子化サービス

文書電子化サービスの特徴

  1. 高速&高精度の電子化を実現する高性能読取機
  2. 状態の悪い帳票を'キレイ'にする電子データクリーニング
  3. プライバシーマーク付与事業者としての高いセキュリティ管理レベル

文書電子化サービスのフロー

上記の内容が、基本的なサービスプランとなりますが、OCR読取、検索システム機能など、ご要望があれば、お気軽にご相談ください。私どもは、単なる紙媒体の電子化ではない"ドキュメントマネジメント"をお客様にご提案いたします。

このページの先頭へ

クオリティの高い文書電子化サービスの理由

オリジナルの機能を搭載した読取機による高いパフォーマンス

オリジナルの機能を搭載した読取機による高いパフォーマンス

■ 210mmの大型帳票で最高250枚/分という高速電子化処理。
■ 重複搬送を防ぐ超音波センサー。
■ イメージ採取による帳票確認などの最新の技術によるチェック機能。
■ 安定した搬送に効果的な静電抑制機能。
■ ローコストオペレーションを実現するムダのない外装設計。

状態の悪い帳票を'キレイ'にする電子データクリーニング

■ 状態の悪いイメージデータの"汚れ"をしっかりとクリーニング。
■ 低解像度の書類イメージの文字をくっきりシャープにする効果も発揮。
■ 解像度を維持しつつ、データ圧縮率の任意設定機能によりネットワーク負荷を軽減。

プライバシーマーク付与事業者としての高いセキュリティ管理レベルと運用実績

プライバシーマーク

■ 2008年プライバシーマーク取得。常にレベルアップを要される更新審査による付与認定実績に証明される高いセキュリテイ管理レベル。
■ 毎月1,000万件を超える帳票の読取・照合・データ集計などの運用実績。
■ 全国主要都市3箇所を拠点とした大規模な事務処理を可能にするキャパシティ。

このページの先頭へ

文書電子化には4つの大きな導入効果があります。

請求書、伝票、明細票など、日々、増加する膨大な帳票。
文書電子化によるお客様のメリットは効率性だけではありません。

情報共有による業務効率化

文書電子化により、書類がネットワークを介してやり取りできるようになれば、例えば、その書類が必要になった場合の倉庫で探す時間、スキャナーによる読取り、メール対応などの時間を大幅に短縮するなど、業務全体のスピードや効率が向上します。お客様にとっても、書類の検索が容易になることで、不要な間接業務をスリム化し、スピーディーな業務運用を可能にします。

コンプライアンスの強化

コンプライアンスの強化を図る上で、経営戦略や事業目標の達成に向けて情報を活用できる情報管理体制も重要になります。例えば、会社法で義務付けられる内部統制システムの確立においても、正確・安全な管理だけではなく、業務全体を最適な形で遂行できる体制が求められることになります。重要書類の電子化は、情報の管理と活用を両立する上でも大きな意義を持ちます。

「事業継続計画(BCP)」のキーポントとなるリスク対応

現在、「事業継続計画(BCP)というキーワードで注目されている大規模災害があっても速やかに事業を復旧させることができる仕組みを計画する上でも、文書電子化は重要な意味を持ちます。膨大な紙文書を、非常時に持ち出すことは現実的には困難ですが、電子データでは、分散管理が可能になるためです。書類の電子化・活用は、貴社のリスクマネイジメント強化にもつながります。

長期的な視点からのコスト削減

紙文書の運用において必ず発生する「保管書類を探し出す作業」「書類を電子化する作業」「メールで送付する作業」など派生する作業だけで今後の人件費の負荷が見込まれます。電子化により、適切な検索属性が付与された書類は、すぐに検索し閲覧・印刷でき、紙文書に関する対応作業における人件費の低減となり、長期的な視野における大きなコスト削減となります。

このページの先頭へ

無料でご相談・情報提供・コンサルティング

「いつも保管庫に送ってるだけの大量の申込書を電子化したい!」
「伝票を電子化して、さらに金額をEXCELデータにしたい!」

ドキュメントを電子化するスキャニングサービスであっても、お客様によって、電子化の目的、対象書類、仕様、予算は様々です。まずは、お話をお聞かせください。

当社は、お客様の視点に合わせ、適正なサービス内容と料金をご提示するための、 ご相談、情報提供、ヒアリング、ご提案をいつでも無償で承ります。ぜひお気軽にご相談ください。

お見積もりのご依頼

このページの先頭へ